さばのレモンバター醤油ムニエル

レシピを見に来てくれてありがとうございます。

ぽんこつ主婦の橋本彩です。

今回は塩さばを使ったお魚レシピの紹介です。

魚料理は、えーー魚やだーーーと、夫に言われやすいので(笑)

そうならないように工夫しています。

サバの脂がレモンでさっぱり!なのに、バターしょうゆでご飯がすすみます!

レモンは市販のレモン果汁で十分なので、ぜひつくってみてください。

材料

  • 塩サバまたは生サバ(3枚おろし) 2枚
  • 小麦粉 適量
  • オリーブオイル 大さじ1杯
  • バター 10gくらい
  • レモン汁(ポッカレモンでOK) 大さじ1杯
  • しょうゆ 小さじ1杯 ※生サバの場合は小さじ2杯ほど
  • ブラックペッパー 少々

作り方

  • 1サバは表面の水分をキッチンペーパーで拭き取り、骨が気になれば取り除きます。※生サバの場合は表面に塩こしょうをふって下味を付けます

  • 2半分に切って十字に切り込みを入れ、表面に小麦粉を薄くまぶします。※ドサッとかけてはたいても、フリフリする小麦粉でもどちらでもOK

  • 3フライパンにオリーブオイルをひいて熱し、サバを皮目から入れて中火で焼きます。こんがりとしたら裏返し、各面2分くらいずつ焼きます。

  • 4火を弱めてバターとレモン汁を加え、フライパンを揺すってふつふつとバターを溶かしてサバに絡めます。

  • 5バターが溶けたら仕上げにしょうゆを加えてサッと絡めます。お皿に盛り付けて、フライパンに残ったソースとブラックペッパーをかけて完成です。

コツ&ポイント

  • 鮭やメカジキなど他の魚でもアレンジ可能です。サバにソースを絡める際、ひっくりかえすと崩れやすいので、身の方にだけ味が付けばOKです。盛り付けたあと、残ったソースを皮目にかけてください。