main

2020/09/06

豚と大葉のたたみ餃子

おすすめ

レシピを見に来てくれてありがとうございます。

ぽんこつ主婦の橋本彩です。

今回は簡単すぎる餃子の皮を使ったおつまみ
「豚と大葉のたたみ餃子」を紹介します。

肉だね作らない、包まない、
焼き方に一切テクニックがいらない!

なのに本当においしく作れて、餃子を作った満足感を得られます。笑

普通の餃子より表面を焼き付ける面積が広いので、
皮がパリパリっとしていて揚げ餃子に近い食感になります。

タレがとってもおいしいので、いっしょに作って付けて食べてみてください♪

材料

  • 豚バラまたは肩バラのしゃぶしゃぶ肉 150g程度 (出来上がり15個の場合)
  • 餃子の皮 15枚 
  • 大葉 15枚
  • ごま油 大さじ2杯
  • <付けだれ>
  • ポン酢 大さじ2杯
  • 合わせ味噌 小さじ1杯
  • 砂糖 小さじ1杯
  • 炒りごま 小さじ1杯
  • にんにくチューブ 3cm〜

作り方

  • 1<付けだれ>の材料は合わせておきます。餃子の皮をまな板の上に乗るだけ並べ、大葉の下半分にしゃぶしゃぶ肉を乗せます。肉に塩こしょうをふり、半分にたたみます。※大葉の表を下にして置くと、仕上がりがきれいです

  • 2フライパンにごま油をひいて中火に熱し、①を並べ入れてヘラで押しながら焼きます。皮がこんがりとしたら上下を返し、同様にこんがり焼けるまで加熱します。

  • 3仕上げにごま油(分量外)をまわしかけて皮をパリパリに仕上げたら、つけダレを添えて盛り付けて完成です。

コツ&ポイント

  • 餃子のようにひとつひとつ包まず、何枚か皮を並べて一気にたたむと、とても早く作れます。ヘラでぎゅっと押し付けて焼くことで、きれいな焼き色が付き、火の通りもよくなります。15個分は、普通サイズの餃子の皮なら28cmのフライパンでいっきに焼くことができます。15個以上焼く場合は2回に分けたり、ホットプレートで焼いても楽しいと思います♪つけダレには、お好みでラー油を加えてもおいしいですよ〜!