アボカドとささみのねぎ塩和え

レシピを見に来てくれてありがとうございます。

ぽんこつ主婦の橋本彩です。

今回は定番ねぎ塩だれで和えた、アボカドとささみのおつまみを紹介します。

ねぎを少量みじん切りするくらいなら、1本まるごとみじん切りにして、

一気にねぎ塩だれをつくってしまうのがオススメ。

焼いた豚バラや鶏もも肉にかけたり、塩焼きそばにも使えます♪

材料

  • 鶏ささみ 太め1本、細いものなら2本
  • アボカド 1個
  • 塩 少々
  • 酒 小さじ1杯
  • レモン汁 小さじ1杯
  • ブラックペッパー 少々
  • <ねぎ塩だれ>
  • 長ねぎ 太め1本
  • 塩 小さじ1杯
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1杯
  • ごま油 50cc
  • 炒りごま 小さじ1杯

作り方

  • 1ねぎ塩だれを作ります。長ねぎは青い部分までみじん切りにして保存容器に入れ、塩と鶏ガラスープの素を加えます。ねぎがしんなりしてきたらごま油と炒りごまを加えてねぎ塩だれの完成です。

  • 2鶏ささみはキッチンバサミで筋を取り除いて耐熱容器に入れ、キッチンバサミの刃先で数カ所ブスブスと穴を開けます。塩と酒をふってふんわりとラップをかけ、レンジ600Wで1分30秒〜2分加熱し、2本のフォークで食べやすい大きさに割きます。※冷めてから手で割いてもOK

  • 3アボカドは一口大に切ってボウルに入れ、レモン汁をまぶします。そこに②を入れ、ねぎ塩だれを大さじ3杯〜加えます。器に盛り付け、ブラックペッパーをかけて完成です。

コツ&ポイント

  • 細めの長ねぎの場合は、塩と鶏ガラスープの素の分量を加減してください。10日ほど日持ちするので、お肉やお魚にかけたり、トマトにかけたりして食べきってください。ポン酢をプラスして、ドレッシングのように使うのもおいしいです。