フライパンでつくるつゆだく牛皿

レシピを見に来てくれてありがとうございます。
ぽんこつ主婦の橋本彩です。

牛丼や牛皿はシンプルだけど、夫にとても喜ばれる料理。


でも作り慣れないときは、肉がカチカチになっちゃったこともあるし、
砂糖の量にビビって減らしすぎたらおいしくなかったこともありました。

行き着いたレシピがコレです。

ポイントは、
★肉を叩くこと
★みりんを入れないこと

牛丼屋さんの牛丼みたいなぴろぴろ〜の極薄切り肉はあまり売ってないので、
薄切り肉や切落し肉を叩いてうすーーくすることで、外国産の牛肉でもやわやわに。
あと薄切り牛肉にみりんは、肉が固くなりやすいので牛丼には入れません。


出汁を使わなくても、牛肉のうまみと玉ねぎの甘みで十分おいしいので、ぜひ作ってみてください。

 

 

材料

  • 牛薄切り肉または切り落とし肉 400g
  • 玉ねぎ 小1個または大1/2個
  • A.
  • 酒 大さじ4杯
  • しょうゆ 大さじ4杯
  • 砂糖 大さじ2.5〜3杯
  • 水 300cc

作り方

  • 1玉ねぎはくし切りにします。牛肉はビニール袋に入れ、包丁の背で叩きます。 ※肉がくっついてても気にせず、ドサッと袋に入れて端から端までまんべんなく叩ければOKです

  • 2牛肉を下茹でします。 フライパンに水を入れて沸騰させ、酒(分量外)50ccほど入れてグツグツしたら火を止め、牛肉をドサッと入れて菜箸でほぐします。 ※下茹ですることで臭みが抜けて余分なアクがとれるので、煮汁が濁ったり、煮込みながらアクを取る手間も省けます。

  • 3ほぐれたら肉をザルにあげます。 ※このあと煮込むので、完全に火が通ってなくてOK

  • 4同じフライパンをざっと水洗いして、くし切りにした玉ねぎとA.を全て入れ、火にかけて煮立たせます。

  • 5調味料が煮立ち、玉ねぎがまわりから透き通りはじめたら肉を加え、ときどき混ぜながらごく弱火で10分ほど煮て完成です。

コツ&ポイント

  • 肉を叩く際は下にふきんを敷いておくとリズミカルにまんべんなく叩けます。お肉はよく叩けばお店の牛丼のようにやわらかく、軽めに叩くと肉々しい食感になります。煮上がってからもしばらく煮汁に漬けておくとさらに味が染み込みおいしくなります。多めに出来上がるので、翌日は牛丼にしたり、肉うどんにしておいしく食べきってくださいね。